テーマ:土佐日記

田野屋塩二郎ただひとりの弟子

 突然TVから、「田野町」とか、「田野屋塩二郎」とか流れてきた。  高知県東部に住んでいたせいか反応してしまった。  田野屋塩二郎(佐藤京二郎)に弟子がいた。  ただひとりの弟子。  女性だった。  そういえば、一緒にやっていた美容師だった増田光恵はどうした?  TVには出てこなかったよね。  TVは、田野屋塩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬皮(けんぴ)

 土佐の高知が誇るお菓子。  いもけんぴ(芋ケンピ)の元となったお菓子です。  昔、近くのそうめん屋に、そうめんを作ったあとに残る端をどうにかできないかと相談された「西川屋」のご先祖が、お菓子として焼いたのが始まりで。  高知県は朝鮮文化と縁が深いことから、朝鮮の犬の皮を細かく切って揚げた食べ物と形が似ているとして、犬の皮、ケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こまどり温泉

 夏の写真の整理です。  「旧伊尾木森林鉄道施設」めぐり中の寄り道です。  山の上に来たなぁ・・・。  トンネルを抜けると・・・。  そこは「こまどり温泉」だった。  温泉はやたらめったらモーターの音がうるさかった。  温泉から上がって昼飯。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐の一本釣り @大心劇場

 いつもの場所に、いつものように看板があります。  まだ明るいです。  陽も長くなりました。    残念、喫茶「豆でんきゅう」は、「本日休業」でした。    すぐ「大心劇場」に回りました。    本日は、「土佐の一本釣り」です。  (東京家族はいつやるんだろ…)      館内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近森食品の素麺

 高知ではよく素麺を食べるらしい。  よく売っている。  コンビニにもある。ある。   私は、今まで食べたことがなかったけど、高知では素麺という人が多いらしい。  (土佐の台風一過 ブログ版)  そして、喜ら功の素麺の出汁が美味しいらしい。  (オヤびんの記憶)  あまりにも美味すぎる美丈夫を、たらふく飲んでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山登家

 10日ほど前ですが、山登家(やまとや)でパートさんのお別れ会をしました。  中途半端な時期ですが、単身赴任の旦那さんを追いかけて愛媛に行くそうです。  人ごとではございませんが、単身赴任はいろいろとございましょうから……。  安芸市もまる3年になりますが、山登家は初めてでした。  ここの料理も大皿に何人分が入って出てくる高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枦山(はぜやま) - 西山台地

 お空の上から見ると。  私は、今。  こんなところに居るそうな。    道路の脇に書いてありました。  でも、全く実感が湧きません。  だって、見える景色がつまんないんだもの。    もいちど、鳥になったら見える景色を載せるよ。  人間さまでは見ることができない景色だ。  だから価値があるんだろうね…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

シダ群落を上から覗く

 伊尾木八幡宮    金刀比羅宮    池波正太郎じゃあるまいし、「散歩のとき何か食べたくなって」なんてことはないのですが、朝の散歩のときに行く神社のあとで寄り道を思いつきました。  前からとっても気になっていた駐車場の看板。    ここから降りていくと、伊尾木洞の奥のシダ群落を上から覗けるのか…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

高知産ニラと親鳥のスープカレー

 風邪気味なので、薬の代わりにスープカレーやりました。      ホント、久しぶり。    スープカレーは4種類。    高知産ニラと親鳥のスープカレー。  これはうまかった。  やはり値段だけのことはある。  chez nous  http://www.shikir…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超特大海老&ヒレかつ定食 @豚福亭

 ここも来たかったところ。  土佐くろしお鉄道ごめんなはり線奈半利駅。  駅前。    やっと超特大海老が食える。    中は大きなテーブルとカウンター。    お店はお爺さんとお婆さんの二人で回してるの?    やはり超特大海老はデカかった。    あ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

キッチンカフェ海土 @新村海岸

 ついに、来ることができました。  新村海岸の上にある評判のお店です。  実は、ず~っと「AMA」と読んでいました。  隠岐出身のマスターが、大森サザエを使ったカレーとか、こじょうゆ味噌を使った料理とか、ふくぎ茶が出てくるもんと思い込んでいましたが…。  とんでもない。  お店の名前は「KAIDO」。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤いハンカチ @大心劇場

 早く着いたのでコーヒーで時間つぶし。    喫茶店には先客が3名。  年配の女性と老夫婦の二人連れ。  珍しく館主さんが喫茶店にいました。  「広報活動として、リニューアルした友好手形を配ってこようか?」  https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/024/347/39/N000/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

讃岐男に阿波女、伊予の学者に、土佐の高知は鬼侍

 讃岐男に阿波女、伊予の学者に、土佐の高知は鬼侍  これは、四国四県の県民性を相対化した表現の一部だそうな。  養子をもらうなら、穏やかで人あたりがよく明るくのんびりした香川県の男  嫁をもらうなら、働き者で厳しい労働にも耐え得る徳島県の女  愛媛県の人間は学者肌でめんどくさい  高知県の人間はどうしようも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最強のふたり @大心劇場

 今回は昼間、1時からのを観るはめに。  昨夜は安芸市で、居酒屋「ようちゃん」、スナック「ラ・ヴィ・アン・ローズ」。  今朝は早くから、ひとり、伊尾木森林鉄道跡の「西坂本橋」辺りを歩き回って、未経験の「こまどり温泉」に入浴。 夜「大心劇場」というルートが出来上がっていたのに邪魔が入ってしまいました。  雨の中の伊尾木森林鉄…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

マグロの犬ごろし

 漫画「美味しんぼ」で、「至高のメニュー」として、室戸の海の幸、マグロ料理を説明する地元の4人組の中に、「瀬戸崇生」という♂が、3人のおばさんに混じっていました。  http://www.oishimbo.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=10870307  この人、もしかして、もしかす…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ケンピ

 まだ食べたことはないのだが、絵金蔵のある赤岡町に、「ケンピ」を考案したお店が残っているそうです。  いや~、知らなんだ。  「芋けんぴ」じゃなくて、その元になったお菓子。  そ~だよなぁ…。  「芋けんぴ」とわざわざ「芋」を付けて呼ぶんだから、「ケンピ」というものが既にあったはずなんだよね。  それが、「犬皮」 = 「ケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鰹のタタキ

 漫画「美味しんぼ」によると、「鰹のタタキ」は、足摺岬の西岸が原点の地で、浜辺で流木を燃やし、鰹をあぶり、塩でたたいて熱いうちに食べたものらしい。  いわゆる「塩タタキ」が鰹のタタキの原点であり、熱いうちに食べてこそ、鰹の旨さが味わえるのそうだ。  (宮川逸雄・宮川料理教室)  3つの店が料理長とともに紹介されていました。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

高知人の♂ いごっそう

 縁あって、高知県東部方面で暮らして2年半、高知人の♂についてつくづく思います。  高知人の♂は、つまらんやつが多すぎる。  うちの職場は、ホント、ど~しようもない馬鹿の集まりだ。  何十年も前に読んだ本によると、高知人は、日本人の体型と大きく違っていたらしい。  昔々のその昔、日本中で子供たちの身体調査を行いその統計をとっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エクスペンダブルズ2 @大心劇場

   いや~、5分も前なのに今夜はもう館主の「豆でんきゅう」さんが大心劇場におった。  車がいっぱいあったので聞いたら、「さくら」って言いよった。  ホンマかいな。    「おっさん」といっても、もう「おじいさん」ばっかりが5~6人もおった。  今夜は大盛況じゃ。  映画の趣旨にお~とるが。    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイウェイ @大心劇場

 この映画新しいんじゃない?  どこぞで宣伝を見たような気がします。  2013年初めての大心劇場です。    本年初。  こころして入場します。    この映画。  いいとこ突いているのですが、どうも好きになれない。  ハリウッド的な手法が鼻につく。  残念だね。     3月に「最強の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

室戸キンメ丼 @みやび

 昨年末近くに、再び室戸岬に行きました。  キンメ丼を食べるのが主目的です。  実はチラシがあって、商工会議所の下にある「みやび」の写真が載っていました。  写真に載ってるのだから間違いはないだろうということで、「みやび」に行きました。    で、驚いた。  写真と全然違う。  キンメの切り身が写真と比べて小さ過ぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

波のりポーク @アント・ダイナ

 昨年の12月の中頃。  ちょこっと仕事で、高知県の東洋町の甲浦に行きました。  お昼は「いせや食堂」で、焼肉とはいかなくてもラーメンあたりを、と考えていたのですが、閉まっていました。  http://hazimemashite.at.webry.info/201203/article_15.html  上司に「潰れたんと違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豆電球 @大心劇場30周年記念ライブ

 2012.7.6 に行われた大心劇場のジョイントコンサート    豆電球&三宅奈緒子ジョイントコンサート @大心劇場  豆電球にとっては、「大心劇場30周年記念(旧中山映劇から58年)ライブ」だったらしい。  すっかり忘れていました。  YouTube にアップされているので整理してみました。  ただし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南国土佐を後にして @大心劇場

 写真整理中のため後先になりますがお許しあれ。  芋焼酎の「富乃宝山」を見つけた日。  大心劇場に行ってきました。  http://hazimemashite.at.webry.info/201302/article_4.html  映画はこれ!  古いでしょ。  「南国土佐を後にして」    大心劇場に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とんかつ @喜ら功

 もう年のせいか、すすんで肉を食べようとは思わなくなった。  だから、いつものように朝飯用に「しゃけ」弁当を買ったのだが、何を思ったのか「とんかつ」弁当も一緒に買ってしまった。  朝昼二食とも喜ら功のお弁当ではお腹にきつい。  なぜ弁当をもう一つ買ったのか?  そのうえ、よりによって肉の「とんかつ」弁当。  謎だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恒例のお正月のお酒

 お正月用のウイスキーを注文しました。  毎年恒例の「サントリーウイスキーローヤル干支ボトル」。  届くのが早いのですが、1月まで我慢です。    日本酒の方は、「無手無冠」の搾りたて原酒。  現代の名工「西邨 滋(にしむらしげる)」が毎年制作する内原野焼に、書家故「福原 云外(ふくはらうんがい)」が書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第15作 寅次郎相合い傘

 今週も、ラジオで、武田鉄矢が寅さんの映画の話をしていた。  http://hazimemashite.at.webry.info/201211/article_8.html  でもね、どうしても俺の記憶と合わない所がある。  彼ね。  ホントは寅さんなんて観ていないんじゃない?  観ていたとしても、もう忘れっちまって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネイビーシールズ @大心劇場

 大心劇場、久しぶりでした。    驚いたことに、ちょうど館主の豆でんきゅうさんに向かってカメラが回っていました。  私の会話も撮られちまったぜ。  撮りよったんは女の人やった。  映画が始まる前に、その女の人から、  勝手に撮ってごめんちゃい。  大心劇場のドキュメンタリーを撮りょんやで。  とのお言葉があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

応援列車(クッキー缶)

 土佐くろしお鉄道ごめんなはり線安芸駅の「安芸駅ぢばさん市場」でまた妙なものを売っていました。  「タイガース応援列車クッキー缶」。    確かに、ごめんなはり線にはタイガース応援列車が走っています。  http://hazimemashite.at.webry.info/201201/article_13.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パインパン

 小松ベーカリーの「パインパン」の評判がいいらしい。  「田野駅屋」で売っているらしい。  女子社員が、  (そんなに若くはないんだけど)、  いくら5時になったからといって、  大声で、  「パインパン」の連呼はないよ。  「パイパン」に聞こえてしょうがない。  本人も気が付いたらしく、涙を流して笑いだした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more