豆電球&三宅奈緒子ジョイントコンサート @大心劇場

 今日は、北川村のラーメン屋さん「いごっそラーメン店長」でポスターを見付けた「豆電球&三宅奈緒子ジョイントコンサート」。
 http://hazimemashite.at.webry.info/201206/article_41.html

 橋の看板もいつもとは違っていました。

 画像 

 喫茶豆でんきゅう前は、車だらけ。
 バイクで来て正解やった。
 大心劇場前も…。
 こんなん初めてです。

 画像

 まず、入口で短冊に願い事を書いて、舞台の笹に…。
 いや~、舞台に上がってしまいました。

 画像

 年配のカップル。
 おばちゃんグループ。

 画像

 開演ギリギリに、観客が流れ込んできました。
 これを田舎時間というんだろうね。
 「いごっそラーメン店長」の大将も単身飛び込んできました。
 http://hazimemashite.at.webry.info/201206/article_41.html

 しかし、若者はおらんなぁ…。
 実は、私、CDは持っていますが、豆でんきゅうさんのコンサートは初めてなんです。


 まずは豆でんきゅうさんのソロコンサート。
 最初の歌は大心劇場の横を流れる「安田川」。
 携帯電話のカメラではピンボケにしかならなかった。
 以下同じ。
 すんまそん。

 画像 

 2曲目は土佐くろしお鉄道のイベントの話から「夢!希望!2002一番列車!」。
 残念、私は「君に会えてありがとう」の方が好きだけど。

 そしてどういう訳か、私の好きでない歌、「おれが漫画家青柳裕介ぞ」を歌い出した。
 「武政博」のこの詞は、彼の詞の中で好きでない詞のナンバーワン。
 実は漫画も好きではない。
 先輩の息子さんが、この漫画から名付けられたと聞いて驚きました。
 どう考えても私らの世代は「博多っ子純情」だろ?

 まぁ、豆でんきゅうさんは交友があったそうで、この歌は思い入れが強いとのことでした。
 高知新聞の記者と思える兄ちゃんのフラッシュが気になって、あとはよく覚えとりません。


 続いて客席後ろから、「いい日旅立ち」を歌いながら「三宅奈緒子」さん登場。
 写りが悪過ぎてごめんなさい。
 全部手ぶれが酷過ぎ。
 まともなのは2枚だけ。
 だって携帯だもん。

 画像

 この人歳はいくつかな?
 「つぐない」とか、私らの世代の歌を好んで歌うようです。
 確か最後は「川の流れのように」を歌いながら舞台を降りて客席後ろに消えました。

 照明が近過ぎて汗ダラダラで大変そうでした。
 舞台上で、黒のTバックが透けて見えたように思いましたが、いかに?

 画像

 そのあと再び豆でんきゅうさんのコンサート。
 若いという、帽子を深くかぶって大きな眼鏡をかけた女性と。

 「風を届けたい」とか、「仁淀川」とか、突然リクエストが出て歌詞カードを探し回った「風はブルー栄喜の港」とか、観客席の誰ぞが好きな歌と紹介された「てっぺん四万十」とか。
 私の好きな歌も、そうでない歌も、全然そうでない歌も、全くそうでない歌も一杯歌ってくれました。

 最後は、デビュー曲(?)「東京にいる君に」。
  お尻愛 お知り合いのおっちゃん達が乱入して…。

 画像


 
 息子さんが作ったらしい「大心劇場のうた(ウタ?、歌?、唄?、詩?)」。
 いい曲だった。
 CD出ないのかしら。










 歌手「三宅奈緒子」さん。

 画像

 オリジナル曲「CO・CO・ROの旅」。

 イントロが、大ヒットした韓国ドラマの主題歌みたいで、大変よかです。
 サインも頂きました。

 画像

 高松へ向かう車で聞きましたが、ケースのCDを固定するプラスチックが朽ち果てていました…_| ̄|○

 画像








 三宅奈緒子ブログ
 http://ameblo.jp/miyake-naoko/entry-11296264237.html




 







"豆電球&三宅奈緒子ジョイントコンサート @大心劇場" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント