むすひ @寺田本家

 ある酒屋で寺田本家の「香取」を買ったのが運のつき、何時の間にやら「花啓く」も飲むようにもなりました。

 画像

 寺田本家:http://www.teradahonke.co.jp/


 今回は、寺田本家の他の酒、「むすひ」に挑戦しました。

 画像

 発芽玄米酒「むすひ」、要冷蔵、横倒し厳禁。
 読みは Musubi です。

 炭酸が含まれていて、酸味が強くて酸っぱい。
 アルコール度が低い。
 おっ家内さまいわく、「たくあんの味がする・・・・」。

 開栓には気を付けて、爆発させないように。







 発芽玄米酒「むすひ」
 http://www.teradahonke.co.jp/musubiinfo.htm


 



 むすひは生きているお酒なので、1本1本様子も異なります。
 ビンの中の圧力が高くなって、栓を開ける時に吹きこぼれそうになるもの、簡単に栓が開くもの、様子は異なっていても、どちらも酵母菌や酵素がたくさん含まれている醗酵食品です。
 これをお腹に入れることでお腹の調子が整っていき、身体の調子が良くなっていきます。
 少量ずつでも結構ですので、続けてご愛飲いただければと思います。

・開栓について
 開栓する前はしばらく冷蔵庫で冷やしてから、開け閉めを繰り返して、時間をかけて開栓してください。

・味について
 乳酸菌が作り出した乳酸がたくさん含まれていますので、酸味の強いどぶろくのようなお味です。
 豆乳やリンゴジュースなどを加えても美味しく召し上がれます。

・召し上がり方
 アルコールが10%位ありますので、お酒の飲めない方や止められている方は、ご自分に合わせて少量づつお試しください。
 ビンの底にある白い物(オリ)には酵母がたくさん含まれていますので、開栓後、ゆっくり混ぜて召し上がってください。

・保存について
 酵母菌をはじめとする微生物が生きているお酒ですので、毎日変化していきます。
 開栓前でも冷蔵庫で立てて保存してください(横にすると中身がもれることがあります)。
 常温に置きますと酵母菌が働いてビンの中の圧力が高くなるため、中身が噴き出す場合がありますのでご注意ください。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック