愛媛FC サポーター6名を処分

 「選手バスの通行妨害行為」で 、9月14日(日)までのホームゲーム及びアウェイゲーム入場禁止。
 「選手バスの通行妨害行為」と「不適切なゲートフラッグ掲げた行為」で、ホームゲーム及びアウェイゲーム無期限入場禁止。

 今回のゲートフラッグってレイアウトはおどろおどろしいが、中身はお粗末なものだと思います。
 少し悪ふざけが過ぎたという程度ではないでしょうか。
 ただ、選手バスの通行妨害行為まで起こすというのはやりすぎで、この行為をもって全員無期限入場禁止とすべきでしょう。
 愛媛FCは相手選手に危害を加えようとする行為を重く捉えていないと思います。
 愛媛FCに「喝」。

 そもそも、サッカーの試合は旗やゲートフラッグが多すぎ。
 観戦している他の人の邪魔になるでしょうに。
 ああいうのを他人を思いやる心が欠如した自分勝手な行動というのでしょうね。

 まぁ、あいつらはただ騒ぎたいだけだから生姜も無いか。





 愛媛FC サポーター6名を処分
 http://www.ehimefc.com/efc/topics.php?stpId=102709


 いつも愛媛FCへ熱いご声援をいただき、誠にありがとうございます。

 5月18日(日)にニンジニアスタジアムにて行われましたカマタマーレ讃岐戦において、一部の愛媛FCサポーターによる重大な問題が起こりました。
 愛媛FCの運営・警備体制の不備もあり、遠くからお越しいただいたカマタマーレ讃岐のサポーターの皆様、愛媛FCを応援にお越しいただいた多くの皆様に大変不快な思いをさせてしまったことを深くお詫び申し上げます。

 本件につきまして、事実関係の経過および当クラブとしての当該サポーターへの処分内容を下記の通り皆様にご報告させていただきます。

■カマタマーレ讃岐戦での事実関係経過(5月18日(日)ニンジニアスタジアム)

1. 試合開始前の選手バス到着時、愛媛FCサポーター6名がカマタマーレ讃岐の選手バスの前に飛び出し、選手バスの通行を妨害する危険な行動を起こす。
 即刻クラブスタッフおよび警備員により愛媛FCサポーターをその場から移動させて、選手バスを通行させた。

2. 妨害したサポーターのうち1名が、スタジアム内外において、「ANTI AWA SANUKI IS ODSTRUCTIVE」という表現のゲートフラッグを掲げていることがクラブスタッフおよび警備員により確認される。
 このフラッグは、選手バス到着時および試合中に掲出されていた。
 フラッグの内容についてクラブスタッフが調査。
 「ODSTRUCTIVE」のスペルが誤って記載されていたものの、選手やチームを応援または鼓舞する内容のものではない事が確認でき、クラブスタッフが掲げないよう即刻指示。
 本人は素直に応じ、フラッグの掲出を取り下げた。

3. 上記2件の事案について試合終了後、弊クラブスタッフにて当事者に事情聴取を行う。
 その結果、6名によるカマタマーレ讃岐バスの通行妨害行為、およびうち1名によるスタジアム内外での相手クラブを中傷するフラッグの掲出について、違反行為であることを認めた。

■当クラブとしての処分

 弊クラブとしましては、Jリーグが定める統一基準に照らし合わせ、実行者に対して以下の処分を決定いたしました。

【処分内容】

1. カマタマーレ讃岐選手バスの通行妨害行為のみに関わった人物5名
 ホームゲームへの入場禁止10試合
 期間:5月24日(土) ~ 9月14日(日)
※入場禁止期間中のアウェイゲームも入場禁止とする。

2. カマタマーレ讃岐選手バスの通行妨害行為、および不適切なゲートフラッグをスタジアム内外で掲げた人物1名
 クラブのホームゲームおよびアウェイゲームへの無期限入場禁止

■代表取締役社長 亀井文雄 コメント

 今回の違反行為におきまして、当日ニンジニアスタジアムにご来場された皆様、およびカマタマーレ讃岐に関係するすべての皆様に、改めて深くお詫び申し上げます。

 先般、村井満Jリーグチェアマンが宣言いたしました3つのフェアプレー宣言の中で、チェアマンメッセージとして、ファン・サポーターの皆様に「スタジアム内外での掲示物等のメッセージは、それに触れる方々が共感し、感動を共有できるものにしましょう」と呼びかけられました。

 弊クラブは、「人が仲間意識を持って集うところには、一方で他者を排除するという意識が生まれてしまうということがあります。クラブを愛する多くのファン・サポーターの皆様とともに世界一フェアでオープンなJリーグを作っていきたい」という3つのフェアプレー宣言とメッセージに込めたチェアマンの思いに共感し、ファン・サポーターの皆様とともに、安心かつ安全で快適、そして誰もが夢を見て楽しめるスタジアム作りを目指して、改めてよりよい観戦環境の整備に努めてまいります。

 誰もが気軽にスタジアムにおいでいただき、サッカーを楽しんでいただく。
 そして、これまで以上に安心、安全で楽しいJリーグを皆様と共に実現してまいりたいと思います。
 何卒宜しくお願い申し上げます。

■今後のホームゲームの運営に関して

 今回の事を踏まえて、愛媛FCでは下記の対策を進めていきます。

1. 両クラブ選手バス到着位置の変更
2. ホーム選手バス到着エリア付近において、ホームサポーターおよびアウェイサポーターの導線の分離および警備の強化
3. 両クラブサポーターへの観戦マナーの徹底
4. 手荷物検査時にゲートフラッグの内容確認および横断幕などの掲載内容のチェック体制の強化

 尚、上記についての詳細は、後ほど愛媛FCホームページにてお知らせいたします。







 愛媛FC ホームゲーム運営対策
 http://www.ehimefc.com/efc/topics.php?stpId=102710


 5月18日愛媛FC vs カマタマーレ讃岐戦のホームゲーム時に発生したトラブルを踏まえまして、愛媛FCでは下記の対策を進めております。

1) 両クラブ選手バス到着位置の変更(※下図参照)
※アウェイクラブ選手バスはメインスタンド正面玄関から第1ゲートへと変更します。

2) ホーム選手バス到着エリア付近において、ホームサポーター及びアウェイサポーターの導線の分離
(※下図参照)

※ホーム選手バス到着エリア付近は柵によりホーム、アウェイそれぞれのサポーターの方の導線を確保させていただきます。
 また、警備員およびスタッフの指示に必ず従ってくださいますようよろしくお願い致します。


画像


3) ホーム選手バス到着エリア付近の警備の強化
※警備員およびスタッフの指示に必ず従ってください。

4) 両クラブサポーターへの観戦マナーの徹底(※観戦マナーはこちらから)

5) 手荷物検査時にゲートフラッグの内容確認、及び横断幕などの掲載内容のチェック体制の強化
(※掲載内容は以下記載の運営管理規定を基準としてチェックいたします)

※以下「愛媛FCサッカー試合運営管理規程」の「第4条(持ち込み禁止物)」の4項より抜粋

 以下に該当すると主催者もしくは主管者が判断した掲示板、立て看板、横断幕、のぼり、旗、プラカード、ゼッケン、文書、図面、印刷物等
1. 政治的、思想的、宗教的主義、主張または観念を表示し、または連想させるもの
2. 差別的、侮辱的な内容、表現を含むもの
3. 選手やチームを応援または鼓舞する目的が認められないもの
4. 大会の運営に支障を及ぼすおそれがあるもの

 今後も愛媛FCは観戦する全てのお客様が安全で快適に試合をご覧いただけるよう努めてまいりますので、皆さまご協力よろしくお願いいたします。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック