2013-14シーズン終了 @高松ファイブアローズ

 高松廃部アホーズは最終戦も勝ちました。

 でも、でも、でも。
 大阪が負けなかったので、5季ぶりのプレーオフ進出はかないませんでした。

 これで今シーズンは終了しました。
 今季の成績は23勝29敗で西地区7位でした。

 2勝しかできなかったあの頃とは大違いです。
 よくまぁこれだけの選手でここまで勝ちました。
 ホント、これはすごいよ。

 それに比べ、キンタマーレ狸なんて恵まれすぎですよ。
 それであの成績。
 なんだかなぁ・・・。







 記者ノート
 2014/05/04 四国新聞

 bjリーグ、高松ファイブアローズの今季の戦いが終わった。
 23勝29敗で西地区7位。
 どこかであと1勝していれば6位大阪と勝率で並び、直接対決の成績で5季ぶりのプレーオフ(PO)進出が実現した。
 考えれば考えるほど惜しい。

 瀬戸際に立った最後の6試合は、とても下位に甘んじているチームには見えなかった。
 連敗すればPO進出がなくなる大阪戦は2試合連続で激戦を制し、続く首位琉球戦は初戦を落とすも、翌日の2戦目は14点差をひっくり返す大逆転勝ち。

 そして今季最終の大分戦。
 ハーフタイムに大阪の勝利が伝わり、PO進出が断たれた中、気持ちを奮い立たせて勝利。
 プロの意地を見せてくれた。

 振り返れば2季前は2勝50敗。
 「恥ずかしくて外にも出たくなかった」(菊池選手)という屈辱を味わった。

 今季は選手、スタッフ全員が1勝の重みを痛感し、確かな自身も得ただろう。
 これに満足しなければ、2季前も含め全ての経験がチームの血となり、肉となり、きっと花開く。
 (運動部・河田信也)







 いつも高松ファイブアローズへの温かい応援、誠にありがとうございます
 http://www.fivearrows.jp/news/team/entry-1093.html

 シーズン最終節はホームで負け越していた大分に見事な2連勝を飾る事が出来ました。
 この試合より1時間早く始まった島根―大阪戦の結果により、残念ながら目標のプレイオフ進出にはあと一歩手が届きませんでしたが、このシーズン終盤でチームは、非常に成長し、集中したゲームを見せてくれました。
 今日のシーズン最後の試合にもたくさんのブースターさんが会場に駆けつけてくださいました。
 皆様の大きな声援は今日もチームの大きな力となりました。

 これで高松ファイブアローズの2013-14シーズンは閉幕となりました。
 皆さん1シーズン本当に応援ありがとうございました。
 目標であったプレイオフに皆様をお連れ出来ず非常に申し訳ありませんが、皆様が応援して下さっている分だけチームは少しずつですが確実に強くなってきています。

 是非来シーズンもそしてこれからも高松ファイブアローズの応援よろしくお願い致します。
 来シーズンはもっと上を目指しましょう!!





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック