中華そば @小浜食堂

 観音寺の田舎にある「コハマショクドウ」です。

画像


 瀬戸ゲイで伊吹島が取り上げられたので、観音寺市は舞い上がっていろんなことをやりました。
 http://hazimemashite.at.webry.info/201309/article_1.html

 じつは、実は、実話、どのこ馬鹿が作ったのか「観音寺市うどんマップ」というのがあって、冷凍うどんを使っている「梧桐庵(ごどうあん)」の「精進うどん」が写真入りでデカデカと載っていたり、とっくの昔に閉めたお店が載っていたりとデタラメでした。

 そしてここも。
 ここ、うどん屋じゃありません。
 「ショクドウ」です。

 でも、かわいそうに、誤った電話番号と営業時間が掲載されたため、営業時間の貼り紙を余儀なくされてしまいました。

画像


 何度も言いますが、ここは「ショクドウ」ですから、うどん屋とは違います。
 とはいっても、「中華そば」と「うどん」と「すし」と「関東煮」しかありません。

画像


 「中華そば」です。
 まぁ、「肉そば」です。
 http://hazimemashite.at.webry.info/201401/article_16.html

 その上少々甘いので、「徳島ラーメン」と言ってもいいかもしれません。
 しかし、わたし的には美味くもないものでした。
 わたし、後から吐き気を覚えて苦労しました。 

画像






 讃岐うどん~ なんがでっきょん!雀のお宿Ⅱ
 http://suzumeketaro1.blog57.fc2.com/blog-entry-522.html










 kazumiの 行ってきました
 http://kazumiudon.blog102.fc2.com/blog-entry-194.html

 うどんの麺は岩田屋のだと聞いていたんですが,岩田屋独特のゴワゴワした表面の感触は感じませんでしたね。
 時間が遅かったので,軟らかくなってしまったんでしょうか。

 自家製麺でなくっても全店制覇本に載せるんでしたら,県内の大衆食堂のうどんはほとんどを載せなあかんでしょうね。
 パチンコ屋さんの中にあるうどん屋さんを,さも新店見つけたように載せるより,小浜みたいな食堂を載っけたほうが充実したうどんライフを引き出せると思うんです。
 どうでしょう。
 そんなことしたら大パニックになるんでしょうね。

 私もできれば全店に巡礼できればとは思いますが,それを第一目標にするつもりはないんです。
 全店制覇本は基準のひとつに違いはありませんが,あくまで目安の一つと考えています。
 要は,自分が楽しくやってるんでしたら,オールオッケーってことです。








 うどん小話 @源内
 http://www.gennai.co.jp/story/page8/koba154.html


 私が30年前にうどん屋を開店した時、自然発生的に店内のコーナーにおでん鍋を置きました。
 当時、社員のなかに"おでん"に詳しいO君(数年前に死去)がおり、このO君の紹介で器具屋さんとかおでん屋さんにつれて行ってもらった記憶があります。
 このO君、当時高松ではチョット名の知れた"遊び人"。

 その店は、私の知る限りでは高松市内でただ一軒のおでん専門店でした(店名はかけあし、瓦町2丁目)。
 今日(10月12日)、確認のため現地に行ってきたのですが、嬉しいことに2代目が引き継ぎ、営業していました。
 30年前にこの店で"おでん"のことを勉強した記憶がよみ返り、懐かしくそして嬉しくなってしまいました。

 大衆食堂(なんでもありの食堂)全盛の時代でしたから普通の食堂へ行けば"うどん"・"すし"・"おでん"は定番でしたので、「かけあし」のように専門店が少ないのは当然のことでした。
 それにうどん専門店も、現在のように数多くありませんでした(小話百九~百十二参照)。








 【おまけ  うどん屋の中華蕎麦】

 うどん虎龍(こたつ)

画像







 【おまけ  中華そば屋の中華そば】

 浦島

画像








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック