2012年度決算、2013年度予算

 すごいね。
 今年度のキンタマーレ狸は、5,000万円の増収で予算を組んだんだって。
 このご時勢に、こんなことに税金が使われることについて、あなた、どう思います。
 http://hazimemashite.at.webry.info/201305/article_1.html

 



 ≪2012年度の決算と2013年度予算≫
                            (単位:万円)
 画像

 http://www.kamatamare.jp/news/2013/05/post-1087.html








 四国新聞社 2013/05/28
 http://www.shikoku-np.co.jp/sports/kamatamare/20130528000104

 Jリーグ入りを目指しているサッカーのカマタマーレ讃岐への支援について、浜田恵造香川県知事は27日の定例会見で、香川県として2千万円の出資を決定したことを明らかにした。
 J昇格に必要なクラブライセンスの交付申請期限となる6月末をめどに資金提供し、経営基盤の強化をサポートする。

 同チームは収入不足が課題となっており、5月初旬、県に対し出資金2千万円を含む3千万円の財政支援と、県職員のクラブへの派遣を要請している。
 出資を決めた理由について知事は「検討した結果、当面の目標であるクラブライセンスの取得には、債務超過の解消など、経営基盤の強化が最重要課題になる」と述べ、官民一体での支援の必要性を強調した。

 一方で、県職員の派遣など、その他の支援に関しては「調整すべき点も多い」として、さらに検討する考えを示した。
 また、観客動員数が伸び悩んでいる点についても触れ、「フロントとしても、5月の経営体制一新を踏まえた努力をしてもらいたい」などと述べた。

 同チームは県のほか、高松、丸亀両市に対し各1千万円の出資などの支援策を要請しており、高松市は6月定例議会に出資金1千万円を盛り込んだ本年度補正予算案を提出する方針。








 四国新聞社 2013/05/28
 http://www.shikoku-np.co.jp/sports/kamatamare/20130528000096

 「1億円以上の増資を目指す上で大きな起爆剤となる。大変ありがたい」。
 27日に浜田恵造香川県知事がJFLのカマタマーレ讃岐に対し2千万円の出資を表明したことを受け、同クラブの熊野実社長は感謝の言葉を述べた。
 一方で、首位と好調な成績にも関わらず、低迷するホーム戦の観客数がJ2昇格に高いハードルとなっている現状に強い危機感をあらわにした。

 カマタマーレは今夏にも、7,360万円の債務解消を目的とした増資を計画。
 最終的には自治体、民間企業、法人と個人を対象とした持ち株会と合わせて1億円以上の増資を目標に掲げる。

 出資に向けた自治体の動きとしては、高松市が6月定例議会に1千万円の出資金を盛り込んだ2013年度一般会計補正予算案を提出する方針。
 熊野社長は「税金を投入し、行政が資本参加していただくことに大きな責任を感じる。自立したクラブにしなければならない」と経営基盤の強化に強い決意をにじませた。

 複数の県内の民間企業も出資の意向を示しているといい、債務解消にめどが立ちつつあるが、ホーム戦の観客増への糸口は見えない。

 「1試合平均3千人に1人でも足りなければ、成績条件をクリアしてもJ2への入会は認められない」というのがJリーグの基本姿勢。
 今季ホーム戦の観客数は8試合消化し、1試合平均1430人。
 3千人の目標達成には残り9試合で1試合当たり約4400人の動員が必要で、極めて厳しい状況に追い込まれている。

 集客への打開策について、熊野社長は「待ったなしの状況。スポンサーや自治体の関係団体から動員もお願いしていく」と話すが、飛躍的な観客数の伸びに直結するかは不透明。
 県の出資表明でクラブ財政には明るい兆しが差しこんだが、悲願成就へ乗り越えなければならない壁は高い。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック