赤いハンカチ @大心劇場

 早く着いたのでコーヒーで時間つぶし。

 画像

 喫茶店には先客が3名。
 年配の女性と老夫婦の二人連れ。
 珍しく館主さんが喫茶店にいました。

 「広報活動として、リニューアルした友好手形を配ってこようか?」
 https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/024/347/39/N000/000/004/136400453160413202679_DCIM2169.JPG

 と、話したところ。
 あの大量にあった友好手形が、すべて配布済み。
 「今、作ってるから出来上がったら配って。 連絡して」

 画像

 今夜は、日本映画の最高傑作の一つとも称されている 石原裕次郎、浅丘ルリ子、二谷英明、金子信雄の「赤いハンカチ」。
 http://homepage2.nifty.com/adachiyo/AH.html

 石原裕次郎の歌う「赤いハンカチ」が大ヒットしたので、日活が昭和39年に映画化したもの。
 フィルムの中で石原裕次郎がギター演奏で歌っています。
 ただし、題名と主題歌はこの映画のストーリには全く関係がありません。


 作詞:萩原四朗
 作曲:上原賢六

 アカシアの 花の下で
 あの娘(こ)がそっと 瞼を拭いた
 赤いハンカチよ
 怨みに濡れた 目がしらに
 それでも涙は こぼれて落ちた

 北国の 春も逝(ゆ)く日
 俺たちだけが しょんぼり見て
 遠い浮雲よ
 死ぬ気になれば ふたりとも
 霞の彼方に 行かれたものを

 アカシアの 花も散って
 あの娘はどこか おもかげ匂う
 赤いハンカチよ
 背広の胸に この俺の
 こころに遺(のこ)るよ 切ない影が





 今夜の観客は、私と喫茶店にいた老夫婦とおっさんの4名だけでした。
 上映後の館主さんとの会話です。

 昔の映画はええね~。
 安心してみておれるやろ。
 先は読めるけど。
 韓国のドラマが流行るのも分かるわ…。

 ところで、馬路温泉に続き、ここにも「榊原匡章」の「身代わり観音」のシールが貼ってありました。
 「その人知ってるの?」
 色紙を出してきて、「こんなんくれた」
 「大事に置いていたらご利益があるかもね」
 



 次回上映作品

 画像

 リサイタル告知

 画像

 前売り券

 画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック