田野屋塩二郎 @天日塩

 安芸市の文房具店に不思議な賞状が飾ってありました。

 「優秀賞」
 「田野屋塩二郎殿」
 「高知県知事尾﨑正直」

 「このお店、屋号が田野屋?」って聞いたところ、田野町で塩を作っている天日塩職人の賞状だそうです。
 彼の作ったお塩は、安芸市ではここの文房具店と、岩崎弥太郎の生家前のお土産店の2ヶ所にしか置いていないそうです。
 安芸駅のぢばさん市場には回ってきません。
 ただし、今はすべて売り切れで2ヶ月待ちなんだそうです。

 東京のサーファーが、海にかかわる一生の仕事を探していて、インターネットを通じて高知でお塩づくりをしている人を知り、弟子入り。
 ただし、4回も断れたあげく、5回目でやっと認められた弟子入りだったそうです。
 飛行機代もバカにならなかったでしょう。

 努力の結果「免許皆伝」、独立を許されました。
 しかし、どうせ塩を作るのなら修行した土佐湾でやりたい。
 
 ところが、どこに行っても誰も相手にしてくれません。
 安芸市役所ではたらい回しにされ、相当酷い扱いを受けたそうです。
 だから、安芸市には塩は回さない。

 結局、田野町役場の某職員のみがきちんと対応し、町長に進言したとか。
 また、話を聞いた町長が是非ここでやってくれと頼んだとか。
 義理に厚い彼らは、町名の田野屋を名乗ってお塩を作っているのだそうです。


 すべて、文房具店のおっちゃんの話でした。





 459突撃インタビュー
 http://www.blog459.com/archives/cat11/post_263/








 塩二郎200g
 画像




 田野屋塩二郎ただひとりの弟子
 http://hazimemashite.at.webry.info/201402/article_14.html






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック